産み分けで女の子が欲しいなら

MENU

第1子が男の子であれば、第2子は女の子が良いと考えてますよね

女の子が欲しい

産み分けゼリーが持つ効果は有名であっても、不安を感じることがあります。使用することで、産まれてくる赤ちゃんに悪影響はないのか、ということです。いわゆる、副作用と障害です。しかし、これだけ、このゼリーの存在が有名になっても、副作用や障害の報告はありません。

  • 赤ちゃんに障害リスクはありません。産み分けゼリーを使用することで、副作用が発生することもありませんし、赤ちゃんに障害が残るということもありません。

産み分けゼリーを使用しても、副作用が起こったりすることや、赤ちゃんに障害が残る可能性はゼロです。

 

副作用が存在しないこと、そして障害が残らないという事実を知ったとしても、成分が公表されていないのであれば、安全性に信頼を寄せるということは不可能ではないでしょうか。赤ちゃんに障害リスクは存在しないのですが、この点は気になります。

 

ピンクゼリーは、膣内を酸性へと導き、グリーンゼリーは、膣内をアルカリ性へと導くわけですから、膣内の状況が変化するわけです。成分が不明であると、心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

産まれてくる赤ちゃんに対してもそうですが、ゼリー使用しているお母さんにも副作用や障害のリスクはほぼ心配ない

副作用や障害のリスクはほぼ心配ない

ピンクゼリーやグリーンゼリーといった産み分けゼリーには、副作用や障害を残すといった成分は含まれていません。副作用や障害は発生しないのです。

 

ベイビーサポートにおいては、国産の天然成分のみで作られているので、副作用や障害へのリスクを考える必要性はありません。

 

医師が処方するという重要性

産み分けという方法は極めてデリケートな方法ですから、安全性を確保出来ないと使用に疑問が生じます。
ピンクゼリーやグリーンゼリーは成分が不明ですが、医師が処方してくれるわけですから、医師が、産み分けにおいて、危険性が存在するゼリーを処方するとは考えられないのではないでしょうか。

 

通販のベイビーサポートも成分をみる限り、副作用は考えずらいので副作用や障害を残すといったリスクを感じられません。

 

不安を感じることなく、使用することをおすすめします

確かに、産み分けゼリーの成分が明記されていないゼリーもありますが、副作用や障害の報告はありません。

 

不安が残る時期に、更に不安になる必要性はありません。副作用や障害の心配をせずに、国産で、信頼出来るメーカーの産み分けゼリーを使用しましょう。インターネットでは、様々な産み分けゼリーが掲載されていますから、その情報を基準に選択することも良いでしょう。安心出来ると思います。副作用が起こったりすることや、赤ちゃんに障害が残るといったことは、存在しません。副作用や障害を想像の中から消去して、産み分けゼリーを使用することです。

 

 

 

女の子が欲しい【私達夫婦の産み分け三種の神器公開】

 

 

 

 

 

男の子の産み分け

男の子の産み分け

女の子と比較すると、成功率は1割以上、高くなります。ただその成功率は、母親となる方の意識に左右されることを知っている方は、意外にも、少ないのです。意識を強く持ち、男の子の正しい産み分け方法を実践しましょう。

 

性別というものがある限り、産まれてくる赤ちゃんがどちらになるのかということは、親としては、どうしても、気になってしまうことです。例えば、第1子が女の子であれば、バランスを鑑み、男の子の産み分けを考えても、おかしくはありません。ただ、お母さんからしてみれば、別の性別である男の子が欲しいと思うのは、仕方のないことなのではないでしょうか

 

夫婦の意見を集約出来れば良いのですが、夫の意見が、男の子が欲しいというものであれば、立場上、汲み取らなければならないということは、現代社会の歪みとして、未だ残っているという証です。跡継ぎにしても、家族の在り方としての問題ですから、お母さんとしても、無視は出来ないでしょう。

ですから男の子の産み分けには

  1. 5〜7日は射精せず溜めて
  2. 排卵日当日にセックスを行う

と言う事が重要となってくるのです!この産み分けの大切な時期を逃さないことが大切

 

グリーンゼリーは、セックスをする前に、45〜50℃前後のお湯に容器ごと浸けて溶かし、シリンジ(注射器)に吸い上げ、膣内に注入するという手法です。約5分間待ち、それから、セックスを行います。このグリーンゼリーの成功率は、80%以上と言われています。

 

ただ、これらの方法を試したとしても、100%成功するわけではありません。男の子が欲しいという気持ちは理解可能ですが、そのことは理解しておきましょう。

 

産婦人科で専門医に産み分けの相談をすることもおすすめします

やはり、個人で得られる情報は、インターネットやメディアを経由していることもあるため、自分自身が直接、話を聞いた方が疑問や不安を解消出来ると思います。専門的知識の見解の下、男の子の産み分けが成功したのであれば、それに越したことはありません。

 

排卵するまで待たなければなりませんが、Y精子の寿命は約1日と非常に短いため、排卵するまでに死んでしまう可能性があります。そのため、
男の子が欲しいという気持ちを叶えるためには、女性の膣内をアルカリ性にしなければなりません。酸性に弱いY精子を受精させるためには、必要なことなのです。

 

男の子が生まれるためには、XY染色体にしなければいけません。このY染色体は酸性に弱く、そして、生存期間は約1日と非常に短い特質を持っており、その特質を活かし、男の子の産み分けを成功させるためには、女性の膣内をアルカリ性に保ち、多くのY染色体が、活発に泳げる状況を作らなければならないのです。そのサポートとして、このゼリーを使用します。

 

男の子を決定するY染色体は、アルカリ性の環境を好みます

コーヒー

そのため、身体のアルカリ度を高める食品を摂取すると良い、とされています。まず、挙げられるのが、コーヒーです。コーヒーに含まれるカフェインが血液を通じ、睾丸に到達する可能性があるようです。そして、カフェインは精子の運動性を高め、そして、Y精子の受精率をも高めるとも言われています。その特質上、男性がセックスを行う直前に、濃いコーヒーを飲む事前準備が必要です。

 

男性は、肉や魚、卵を中心にする食事に切り替えましょう。ジャガイモやバナナ、そして、海藻類はNGとなります。女性は、野菜中心の食事を摂取することが求められます。基本的に、肉類、魚類、卵やお菓子はNGとされています。男の子が欲しいのであれば、お菓子の間食は控えることをおすすめします。

 

男の子が欲しいと願う先輩のお母さんたちが愛飲していた背景も存在します。男の子の産み分け成功率を高めるために、リンカルを服用するという方法もあるのです。少しでも早く妊娠し、男の子が欲しいという気持ちを持っているのであれば、継続して服用し続けることが必要です。

 

男の子が欲しいという理由には、家族間のバランスが絡んでいるかもしれません。上の子供が女の子であれば、次の子供は、男の子が欲しいと、お父さんやお母さんがそう考えても、おかしくはありません。

 

専門医が指導してくれるので安心はあります

専門医が指導してくれるので安心

病院の産み分けは、専門医が指導してくれるので、心強く感じることが多いのですが、保険対象外なので費用が高いという

 

基本的に産み分けは、保険対象外です。そのため、費用はどうしても、高くなってしまうのです。自身で、産み分けを行うことは可能ですが、正確な排卵日の特定も必要になってきますので、産み分けで病院を利用するという方法は、確実と言えるでしょう。

 

 

産み分けゼリーを使用しても、病院の産み分けを希望しても、産み分けの成功率は100%とはならないのです。産み分けゼリーの成功率は約70%と言われていますので、産み分けゼリーの使用よりは、高いのです。

 

そう考えると、男女を産み分けるということは、考えているよりも、非常に難しいことと言えるのです。

 

ただ、産み分けは、成功の確率は高いですが、100%、成功するというわけではありません。そして、保険が適用されれば、との考えがあると思いますが、産み分けは病気ではありませんので、これからも、費用が安くなる確率は低いと考える方が無難である、と思えます。

 

病院の産み分けにおいては、医師の指導が中心となりますが、それに関して、費用が高いと考えるのは、受診者の気持ち次第であると思います。

 

病気ではないので、保険対象外となるわけですが、様々な検査を用いて、産み分けを行っていくわけですし、その長い道程を考慮すると、費用は安くないと考えるのが良いのではないでしょうか。

 

産み分けにおいては排卵日の特定が大切

自身で特定されるのも良いですが、その特定の保険として、医師に正確な排卵日を教えてもらうことが必要です。排卵日2日前に使用することが効果的であると言われています。そのため排卵日の特定が大切なのです。

 

病院の産み分けで処方されるわけですから、保険が適用されれば良いのですが、そうはいきません。病院の産み分けで処方される産み分けゼリーを使用し、産み分けが成功する確率を上げていくことが大切です。それは、産み分けに努力されていることへの保険となるのです。

 

費用は高いですが、希望の性別が産まれてくる確率は高くなるのです。それを考えてみると、費用は効率的であると思います。病院の産み分けでは、費用が問題となります。産み分けの成功確率を上げたいのでれば、リンカルSは大切な存在です。

 

リンカルSは産み分けが成功する保険です。その成功する保険が存在しないと、産み分けを行っていても、心がくじけてしまいます。そうならないように、そして、願いが叶うように、病院の産み分けでは、リンカルSを処方してくれる一面もあるのです。費用が安いという点も安心でしょう。

 

生理がきちんと、来ているかどうかを確認しましょう。

生理

それらの基礎体温をまとめた基礎体温表で排卵日の目安が判明します。生理開始日からの逆算で排卵日を算出するには、限界があり、不正確さも介在しますので、基礎体温を測るために、基礎体温計を活用することをおすすめします。最も効果的な方法です。

 

女性の基礎体温は、低温期と高温期の期間があり、その期間の変動によって、排卵日を知ることが出来るとされているのです。朝に目が覚めてからすぐに、そして、脇下ではなく、口内で測ることが大きなポイントです。正確な数値を測れるのは、水銀タイプですが、最短10秒から30秒で予測測定が可能な電子タイプの基礎体温計を使用しても構いません。低温期と高温期の温度差を把握可能であれば、問題はないのです。

 

ドゥーテストは、薬局やドラッグストアでは、販売されておらず、処方箋を取り扱う調剤薬局のみで販売されています。これらを活用して、正確な排卵日を把握しておくことが必要です。

 

排卵日及び生理と妊娠との関係性を重視しておくと、100%ではありませんが、妊娠の確率を高めることが可能となります。X染色体精子とY染色体には、寿命の違いが存在します。その特徴を利用することで、女の子が産まれる確率は高まります。

 

女性の膣内は、基本的に酸性に保たれているわけですが、特に排卵日2日前はその状態が維持されています。このタイミングで、浅い挿入によるセックスを行うと、卵子に届く前に、酸性に弱いY精子が脱落する可能性は高まるのです。要するに、酸性に強いX精子が生き残るというわけです。

 

深い挿入と浅い挿入、挿入の違いが影響性を及ぼすのか、という疑問は存在します。膣内の状態、そして、精子の仕組みを充分に活用していますから取り入れましょう